軽天工事

軽天工事とは、内装の下地を作る工事を指します。
表に出ることはありませんが、ボード工事の下地にあたる工事ですのでその役割はとても重要です。

軽天工事は、基礎を作る役割があるのはもちろん、スペースを区切ることで壁の役割を果たすこともできます。
そのため、内装下地のさまざまな場面で、軽天は使われています。

 

軽量鉄骨の特徴

軽量鉄骨は、軽天工事で使われている材料です。
加工性や経済性、施工性に優れているため、商業施設やビル、工場など、さまざまな建築物で利用されています。

・建築物への負担が少ない
・木材に比べて価格や供給が安定している
・リサイクルが可能なので、地球環境に貢献できる
・消防の防火検査の基準に適合
・湿気に強く、加工がしやすい
・施工費用が安価

一覧ページに戻る

求人情報
お問い合わせ